実施報告

2008年12月20日 16:02

あらかわ観光ツアー

event_ka_1.gif

event_ka_4.gif

平成20年12月20日(土)に荒川観光振興策研究の一貫として、あらかわ観光ツーリズム連絡協議会と東京 商工会議所荒川支部の共催で"あらかわ観光ツアー"を開催致しました。


skankoumap.gif

荒川区の観光名所などを区内外の人々に勧めるためには、先ず自分達が観光コースを"観て"・"食べて"・"学んで"、そして"情報発信(PR)する"ことが大切であり体験ツアーの企画そして実施となりました。
午後1時に集合場所である「東京商工会議所荒川支部」会議室に集合した参加者14名は、ツアーガイド人の杉山六郎氏(南千住商店街振興組合理事長)より"本日のツアー見所"として観光コース並びに見学処の概要説明を受けた後、JR北千住駅「丸井百貨店前」に移動、参加者2名を加え16名にて一路南千住駅を目指して、日光(千住)街道・千住宿約3km踏破のため歩きだしました。
【写真①】

  杉山氏よりコース概要を聞く参加者あらかわ観光ツアー

【写真②】
ツアー出発前に注意事項を聞く参加者
あらかわ観光ツアー


一行は最初の見所である名倉医院を目指しました。途中に長円寺があります。 名倉医院は「名倉と言えば骨接ぎの代名詞」として全国的に知られています。 開業は明和年間(1764~72年)とされ今も「整形外科医院」として続いています。 当日は残念ながら休院のため外観しか見学できませんでした。【写真③:下左】
【写真③】
「名倉医院」前で
あらかわ観光ツアー
【写真④】
「伝馬屋敷(横山家)」前で集合写真を
あらかわ観光ツアー


伝馬屋敷(横山家)は、安政の大地震(1855年)直後の建築という。呉服屋から地漉紙問屋とな り屋号は「松屋」でした。 参加者一同揃って記念写真を撮りました。【写真④:上右】 観光ツアーの楽しみの一つに「食べ歩き」があります。参加者はコース途中にあるご当地名物の"甘納豆"や"槍かけ団子"を買って食べていました。 しばらく歩き、千住宿本陣跡の高札を見て、金蔵寺(コンゾウジ)、不動院、慈眼寺(ジゲンジ)等を覗き見し、"やっちゃ場跡"の各家の前の『立て札』を見て周り、松尾芭蕉の「奥の細道」旅立ちの地とされる処に立つ"芭蕉翁の像"を左手に見て、日光街道を横断し千住大橋まで辿り着きました。 千住大橋を越えると「足立区」に別れを告げ「荒川区」となります。
【写真⑤】
「やっちゃ場」の立て札を見ながら
遠く江戸を忍ぶ 参加者達


【写真⑥】
杉山氏の説明に耳を傾ける参加者達

あらかわ観光ツアー



あらかわ観光ツアー



【写真⑦】
芭蕉翁の像
【写真⑧】
千住大橋を渡り「荒川区」へ
あらかわ観光ツアー あらかわ観光ツアー


午後2時30分に「丸井北千住店前」を出発し約1時間20分で行程の約2/3となる約2kmを踏破しました。概ね予定通りの進行です。
荒川区最初の見所は「素盞雄神社(スサノオジンジャ)」で平安時代延暦14年(795)の創建と言う。荒川区内で最も広い氏子区域を持つ鎮守です。松尾芭蕉の「奥の細道」旅立ちの記念碑があることでも有名です。
杉山氏の「素盞雄神社」創建の由来を聞きながら、写真を撮ったり神殿を見たりしました。説明の途中に氏子が杉山氏の脇を通り抜ける際の"こんにちは"の声がすごく神聖に聞こえたのは私だけでしょか?【写真⑨:下左】
◆「素盞雄神社」創建の由来

延暦14年、奇岩が微妙な光を放ち、その光のうちに素盞雄命(スサノオノミコト)と事代主命(コトシロヌシノミコト)が現れて信託を告げたとの伝説があり、その光る石を祀るために、素盞雄神社が創建されたと言われている。


【写真⑨】

「素盞雄神社」で説明を聞く参加者kankou_9.jpg

【写真⑩】

「千住回向院」で記念撮影kankou_10.jpg



素盞雄神社から南千住商店街(通称:コツ通り商店街)をとおり最後の見学所となる「千住回向院」に到着しました。ここは江戸時代の小塚原刑場(慶安4年:1651年開場)での刑死者を供養するため、寛文7年(1667)に本所回向院の住職「弟誉義観(テイヨギカン)」が常光堂を創設したことに始まります。

 本院には、安政の大獄により刑死した橋本左内、吉田松陰、頼三樹三郎ら、歴史上の有名人が葬られています。
 また、明和8年(1771)に蘭学者、杉田玄白、中川淳庵、前野良沢らが刑死者の解剖(腑分け)に立ち会ったことを記念した観腑記念碑(大正11年(1922)建立)があります。
回向院では観光ツアーのお得の部分である「秘蔵書蔵」(※一般見学者には公開していない物品、巻物、写真)を見ることが出来ました。ツアーガイド人の杉山氏が住職にお願いしてくれた結果です。杉山氏に感謝です。
 観光ツアー踏破を記念して千住回向院前で記念写真を撮りました。全員神妙な面持ちでした。【写真⑩:上右】

時に午後4時20分でした。

観光ツアーを終え、当然ながら感想・反省会そして懇談会。参加者全員改めて観光振興推進による地域活性化を祈願するとともに『あらかわ観光ツーリズム連絡協議会』事業運営に対する結束を強く致しました。


【写真⑪】
観光ツアーを終えて意見交換を行いました
【写真⑫】
談笑で今日の疲れを取りました
kankou_11.jpgkankou_12.jpg

tsugi.gif